札幌市立前田中学校
・学校のデータ
・教育目標
・校章・校歌
・年間行事
前田の歴史
・部活・標準服・ジャージ  上靴
・学校便り
・月別行事予定
・保健便り
・給食便り
・生徒会便り
←TOPへ戻る
校舎の写真
◆前田の歴史
前田の歴史
前田の歴史

  前田は、JR函館本線の北側から新川にかけて広がる地域で、東は発寒、西は山口、星置と隣接しています。

  この地域は、大部分が泥炭層のうえ、手稲山から流れ出る川が集まる低湿地だったため、農耕には適さないところでした。

  しかし、明治27年、旧加賀藩主の前田利為がここに農場を創設し、その後も、明治末期から大正にかけ曲長農場、興農園(後の極東農場)、稲積農場などが相次いで開設され、多くの人たちの努力によって豊かな酪農地帯となりました。前田の地名は、この農場創設者の名前によるものです。

  これらの農場は、昭和30年代までは、牧草地、畑地として発展していましたが、発寒勤労団地が昭和35年に建設されて以来、次々と民間の団地造成が行われ、一大住宅地帯となり、手稲東部の西野や平和地区とともに、手稲北西部の人口急増地帯となって現在に至っています。

前田の年表から
歴史の写真
安政 5年
 軽川(手稲)−札幌間に道路ができる。

明治 5年 発寒村から分離して手稲村となる。

明治14年 軽川に駐車場(現手稲駅)ができる。

明治15年 バッタの大群により農作物に被害。

明治21年 軽川(手稲)〜花畔間の直線道路開通

明治27年 前田利為候により前田農場創設

大正11年 軽川−花畔間の鉄道馬車開通

昭和20年 日本石油北海道製油所に爆弾投下

昭和26年 手稲村から手稲町になる。

昭和29年 冷害、15号台風による被害。

昭和29年 手稲砂山遺跡の発掘調査

昭和40年 手稲鉄北小学校開校

昭和42年 手稲が札幌市になる。

昭和42年 北海道工業大学開校

昭和53年 前田小学校開校、手稲前田児童会館開館

昭和54年 前田会館落成

昭和57年 前田中学校(本校)開校

昭和59年 手稲郵便局開局

昭和62年 前田中央小学校開校

平成元年 手稲区になる。

平成 4年 前田森林公園完成

平成 6年 前田北中学校開校

手稲遺跡について

 今から3千年ほど前に、人間が生活していたと思われる遺跡が、下手稲尋常高等小学校(今の手稲中央小学校)の校長先生と教え子たちにより、新川流域で発見されたのは、明治45年(1912)のことです。

  その後、昭和28年(1953)には手稲中のO君が完全な形をした土器を発見しました。夏休み、中学2年生だったO君は弟と新川へ釣りに出かけ、そこで偶然、道路補修用の砂利の中から土器を見つけたのです。それを学校に持って行き、先生に見せたところ「これは、すごいものだ」ということになりました。先生は北大のO教授に鑑定を依頼したところ、この土器は「野幌式土器」といわれる歴史的にも価値があるものと判明しました。

  本格的な発掘が始まり、多くの土器や石器などが見つかりました。発掘現場は、Sさんの畑で、小さな破片がいたるところに転がっていたといいます。その後、新川をはさんで向かい側のMさんの畑や、現在、前田公園となっている辺りにも遺跡が発見されています。
  それらの遺跡は、すべて紅葉山砂丘と呼ばれる砂丘地帯の南側にあります。海岸線にほぼ平行に、前田の辺りから石狩市美登位(びとい)地区まで続き、手稲のほかにも、この砂丘の南側には多くの古代遺跡があります。

  手稲遺跡は、縄文時代中期から後期中葉に属するもので、ここから出土した土器は後に「手稲式土器」と呼ばれ、この時期の代表的な資料となっています。また、その制作方法が非常に進歩していて形態が分化していることなどから、手稲の先住民族の生活様式は、著しく進歩していたと考えられるということです。

『札幌市手稲区作成「手稲でみつけた手稲のはなし」』より

札幌市立前田中学校
〒006-0817 札幌市手稲区前田7条13丁目1-1
TEL 011-682-9511 FAX 011-682-2591